ご連絡

2019年10月16日  
お客様各位

1 「もとのりゆき」こと横山典幸は、2017年9月から坂本大地氏及び同氏が代表を務める合同会社Synchro Artとの業務委託契約に基づき、もと画伯が、お客様の要望を聞取って絵画を完成させ、完成した作品を坂本大地氏に引渡してまいりました。
しかしながら、坂本氏はもと画伯に対して、当初約束した絵画制作費用を支払わず、既に完成した作品の製作費用についても支払わないことから、令和元年10月4日付で坂本大地氏及び合同会社Synchro Artの債務不履行を理由に同氏らとの間の業務委託契約を解除いたしました。

2 もと画伯は、一日でも早くお客様のお手元へ作品をお届けしたいという気持ちから、お客様の絵画制作を今日まで一日も休まず描き続けて参りました。その結果、ほぼ完成に至っている作品も多数存在します。
もと画伯は平和的解決を望み、代理人弁護士を通じて坂本氏側の弁護士と協議を続けて参りましたが、一旦合意に至った完成済みの作品の代金支払いについても坂本氏側が拒絶したことから、坂本氏側の代理人は辞任し、交渉は決裂しました。
もと画伯としては、精魂込めて描き上げた作品をお客様へお渡しする事すら許されない現在の状況に強い憤りを感じ、今回の契約解消に至りました。

3 坂本氏とのトラブルにより、約5か月間もの間、もと作品をお客様のお手元へお届けできていない状況が続いています。これについて、坂本氏側は、もと画伯の体調不良や老人性痴呆症が理由であると説明しているようですが、そのような事実はなく、もと画伯は極めて健康であり創作活動を続けています。

4 また、坂本氏は、もと画伯が作成した下絵を、もと画伯の承諾や監修を経る事なく、無名の製作者を何名も雇用して流れ作業で作成し「もと作品」として納品しているという事実も確認できています。このことから、2019年6月9日以降に納品された作品、及び、2019年10月4日以降に坂本氏側から納品されるシンクロアート絵画作品は、もと画伯が一切関与せずに完成させられた贋作であるのでご注意ください。
ちなみに、もと画伯が作成した下絵の著作権はもと画伯に帰属しており、もと画伯の承諾なくして第三者が手を加えて絵画を完成させることは、著作権(同一性保持権・著作権法第20条、翻案権・著作権法27条)に違反します。もと画伯の承諾なくして第三者により絵画が完成させられた事実が明らかになり次第、もと画伯としては、坂本氏側に対して著作権侵害に基づく損害賠償請求を行う予定です。

5 最後に、坂本大地氏ないし合同会社Synchro Artとの間で「もとのりゆき」シンクロアートの契約を締結されたお客様で、まだ、作品の引渡しを受けていない方は、今後、坂本大地氏ないし合同会社Synchro Art側から完成作品が引き渡されることはありません(法律上は「履行不能」に該当します。)。この履行不能は、坂本大地氏ないし合同会社Synchro Artの責めに帰すべき債務不履行に該当致しますので、直ちに、契約を解除され、支払済みの代金があれば速やかに返金してもらってください。
また、今後、坂本氏側からは、もと作品の引渡しが受けられることは絶対にありませんので、引渡しを受けていないお客様は「もとのりゆき」作品に関して、今後一切坂本氏側に代金を支払わないようお願いします。

「teamもとのりゆき」:担当 寺田  

本件に関するご意見ご質問は、以下の連絡先にお願いいたします。
(お問い合わせ先)
「teamもとのりゆき」
担当:寺田 友幸
 電話:080-1312-0218
 受付時間:午前10時~午後18時
 メールアドレス:n.moto.info@gmail.com
以 上  


このウインドウを閉じる